HL7 FHIR JP Core ImplementationGuide
1.1.1 - ci-build Japan flag

HL7 FHIR JP Core ImplementationGuide - Local Development build (v1.1.1). See the Directory of published versions

Resource Profile: JP_ImagingStudy_Radiology - Detailed Descriptions

Active as of 2022-10-24

Definitions for the jp-imagingstudy-radiology resource profile.

1. ImagingStudy
2. ImagingStudy.identifier
Definition

DICOMスタディインスタンスUIDやアクセッション番号などのImagingStudyの識別子。

Identifiers for the ImagingStudy such as DICOM Study Instance UID, and Accession Number.

NoteThis is a business identifier, not a resource identifier (see discussion)
Must Supporttrue
Requirements

ImagingStudyに1つ以上のシリーズ要素が存在する場合、1つのDICOMスタディUID識別子が存在する必要がある([DICOM PS 3.3 C.7.2](https://dicom.nema.org/medical/dicom/current/output/chtml/part03/sect_C.7.2.html)を参照) 。

If one or more series elements are present in the ImagingStudy, then there shall be one DICOM Study UID identifier (see DICOM PS 3.3 C.7.2.

Comments

DICOMスタディインスタンスUIDのエンコードについては、[Imaging Study Implementation Notes](imagingstudy.html#notes)の説明を参照。アクセッション番号はACSN識別子タイプを使用する必要がある。

【JP-Core仕様】Study Instance UIDは画像が存在する場合に必須、その他は任意。StudyInstanceUID (0020,000D)

See discussion under Imaging Study Implementation Notes for encoding of DICOM Study Instance UID. Accession Number should use ACSN Identifier type.

3. ImagingStudy.status
Definition

ImagingStudyの現在のステータス

The current state of the ImagingStudy.

Must Supporttrue
Comments

不明(unknown)は「その他」を表すものではない。定義されたステータスの1つを適用する必要がある。不明(unknown)は、オーサリングシステムが現在のステータスを確認できない場合に使用される。

【JP-Core仕様】リソースの状態。

Unknown does not represent "other" - one of the defined statuses must apply. Unknown is used when the authoring system is not sure what the current status is.

4. ImagingStudy.modality
Definition

実際の取得モダリティであるすべてのseries.modality値のリスト、つまりDICOMコンテキストグループ29(値セットOID 1.2.840.10008.6.1.19)の値。

A list of all the series.modality values that are actual acquisition modalities, i.e. those in the DICOM Context Group 29 (value set OID 1.2.840.10008.6.1.19).

Comments

コードは、列挙型またはコードリストで、SNOMED CTなどの非常に正式な定義まで、非常にカジュアルに定義できる。詳細については、HL7v3コア原則を参照のこと。

・モダリティのコードを設定。

・Seriesの階層の(0008,0060)を集約する、または(0008,0060) と (0008, 0061) のOR。但し、重複する値は1つにまとめて表現。

5. ImagingStudy.subject
Definition

画像検査の対象、通常は患者。

The subject, typically a patient, of the imaging study.

TypeReference(JP_Patient|Device|Group|Patient))
Must Supporttrue
Must Support TypesNo must-support rules about the choice of types/profiles
Comments

QAファントムはDeviceリソースとして記録できる。複数の被験者(マウスなど)の場合はGroupリソースで記録できる。

・患者(Patient)リソースを参照。

・DICOMタグ値を参照する場合は、tag mappingの通りグループ0010(患者情報に関連する情報を扱うグループ)を参照。

・不明患者は、空もしくは不明を指すPatientリソースを参照。

QA phantoms can be recorded with a Device; multiple subjects (such as mice) can be recorded with a Group.

6. ImagingStudy.encounter
Definition

このImagingStudyが行われるヘルスケアイベント(患者とヘルスケアプロバイダの相互作用など)。

The healthcare event (e.g. a patient and healthcare provider interaction) during which this ImagingStudy is made.

TypeReference(JP_Encounter|Encounter))
Comments

これは通常、イベントが発生したEncounterであるが、一部のイベントは、Encounterの正式な完了の前または後に開始される場合があり、それでもそのEncounterのコンテキストに関連付けられている(例:入院前の検査)

受付を示すEncounterリソースを参照。 (補足:訪問診療では医療者が患者と会った事を指す)

This will typically be the encounter the event occurred within, but some events may be initiated prior to or after the official completion of an encounter but still be tied to the context of the encounter (e.g. pre-admission test).

7. ImagingStudy.started
Definition

スタディの開始日時

Date and time the study started.

Comments

検査開始日時 もしくは 撮影装置へ患者情報が届いた/入力した日時。

8. ImagingStudy.basedOn
Definition

この画像検査の実施につながった診断依頼のリスト。

A list of the diagnostic requests that resulted in this imaging study being performed.

Requirements

グループ化された手技をサポートすること。(一つの画像検査に複数の種類の手技が含まれることがある。例:胸部/腹部/骨盤部 CT)

To support grouped procedures (one imaging study supporting multiple ordered procedures, e.g. chest/abdomen/pelvis CT).

Comments

参照は、実在するFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的に使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

依頼元のServiceRequestを紐付ける。

9. ImagingStudy.referrer
Definition

依頼紹介医師

The requesting/referring physician.

TypeReference(JP_Practitioner|JP_PractitionerRole|Practitioner|PractitionerRole))
Comments

参照は、実際のFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

依頼医師。必須ではない(ServiceRequestから参照できるため)。

10. ImagingStudy.interpreter
Definition

画像の読影者

Who read the study and interpreted the images or other content.

TypeReference(JP_Practitioner|JP_PractitionerRole|Practitioner|PractitionerRole))
Comments

参照は、実際のFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

読影医

11. ImagingStudy.endpoint
Definition

スタディへのアクセス(クエリ、表示、取得など)を提供するネットワークサービス。 DICOMエンドポイントの使用については、実装ノートを参照。スタディレベルのエンドポイントは、同じEndpoint.connectionTypeを持つシリーズレベルのエンドポイントによってオーバーライドされない限り、スタディの各シリーズに適用される。

The network service providing access (e.g., query, view, or retrieval) for the study. See implementation notes for information about using DICOM endpoints. A study-level endpoint applies to each series in the study, unless overridden by a series-level endpoint with the same Endpoint.connectionType.

Requirements

スタディまたはスタディに含まれるシリーズやインスタンスを閲覧(例:IHE’s IID profile)したり、取得(例:DICOM’s WADO-URI and WADO-RS)したりするためのアクセス方法。スタディレベルのbaseLocationは、同じタイプのシリーズレベルのbaseLocationにてオーバーライドされない限り、スタディ内の各シリーズに適用される。

Access methods for viewing (e.g., IHE’s IID profile) or retrieving (e.g., DICOM’s WADO-URI and WADO-RS) the study or the study’s series or instances. The study-level baseLocation applies to each series in the study, unless overridden in series by a series-level baseLocation of the same type.

Comments

典型的なエンドポイントタイプには、RESTful APIを使用してネイティブまたはレンダリング(JPG、PNGなど)形式でDICOMインスタンスを取得するために使用されるDICOMWADO-RSが含まれる。 DICOMWADO-URI。HTTPクエリベースのアプローチを使用することを除いて、ネイティブインスタンスまたはレンダリングされたインスタンスを同様に取得できる。 DICOM QIDO-RS。実際のインスタンスを取得せずに、DICOM情報のRESTfulクエリを可能にする。またはIHEInvoke Image Display(IID)。これは、イメージングWebビューアの標準的な呼び出しを提供する。

DICOMのリソース位置を指定。基本的には1つ。

Typical endpoint types include DICOM WADO-RS, which is used to retrieve DICOM instances in native or rendered (e.g., JPG, PNG), formats using a RESTful API; DICOM WADO-URI, which can similarly retrieve native or rendered instances, except using an HTTP query-based approach; DICOM QIDO-RS, which allows RESTful query for DICOM information without retrieving the actual instances; or IHE Invoke Image Display (IID), which provides standard invocation of an imaging web viewer.

12. ImagingStudy.numberOfSeries
Definition

調査のシリーズ数。指定されたこの値は、リソースの可用性、セキュリティ、またはその他の要因により、このリソースに含まれる一連の要素の数よりも大きい場合がある。系列要素が存在する場合、この要素が存在する必要がある。

Number of Series in the Study. This value given may be larger than the number of series elements this Resource contains due to resource availability, security, or other factors. This element should be present if any series elements are present.

Comments

32ビット数で表す。これより大きい値の場合は、10進数を使用する。

シリーズの数

13. ImagingStudy.numberOfInstances
Definition

スタディの中のSOPインスタンスの数。指定されたこの値は、リソースの可用性、セキュリティ、またはその他の要因により、このリソースに含まれるインスタンス要素の数よりも大きい場合がある。インスタンス要素が存在する場合は、この要素が存在する必要がある。

Number of SOP Instances in Study. This value given may be larger than the number of instance elements this resource contains due to resource availability, security, or other factors. This element should be present if any instance elements are present.

Comments

32ビット数で表す。これより大きい値の場合は、10進数を使用する。

イメージ(インスタンス)の数。

14. ImagingStudy.procedureReference
Definition

このImagingStudyが含まれていたprocedure リソースへの参照。

The procedure which this ImagingStudy was part of.

TypeReference(JP_Procedure|Procedure))
Comments

参照は、実在するFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

進捗状況に関するProcedureリソースを参照。

15. ImagingStudy.procedureCode
Definition

実施されたProcedureのタイプを表すコード。

The code for the performed procedure type.

BindingThe codes SHALL be taken from http://playbook.radlex.org/playbook/SearchRadlexAction; other codes may be used where these codes are not suitableThe codes SHALL be taken from http://www.rsna.org/RadLex_Playbook.aspx; other codes may be used where these codes are not suitable

コードは http://playbook.radlex.org/playbook/SearchRadlexAction に該当があれば使わなければならない。ただし、実施された行為のタイプにこれらのコードがなじまない場合は他のコードが利用される可能性がある。

The performed procedure type.

Comments

すべてのターミノロジの使用がこの一般的なパターンに適合するわけではない。場合によっては、モデルはCodeableConceptを使用せず、コーディングを直接使用して、テキスト、コーディング、翻訳、および要素間の関係と調整前後の関係を管理するための独自の構造を提供する必要がある。

エラーコードなどを記載

16. ImagingStudy.location
Definition

ImagingStudyが実施された主要な物理的な場所。

The principal physical location where the ImagingStudy was performed.

Requirements

イベントをレコードが保持される可能性が高い場所に結び付け、イベントの発生に関するコンテキストを提供する。 (たとえば、専用の医療環境の内外で発生した場合など。)

Ties the event to where the records are likely kept and provides context around the event occurrence (e.g. if it occurred inside or outside a dedicated healthcare setting).

Comments

参照は、実在のFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

撮影室を示すLocationリソースを参照。

17. ImagingStudy.reasonCode
Definition

ImagingStudyが要求された理由を示す臨床状態の説明。

Description of clinical condition indicating why the ImagingStudy was requested.

Comments

すべてのターミノロジの使用がこの一般的なパターンに適合するわけではない。場合によっては、モデルはCodeableConceptを使用せず、コーディングを直接使用して、テキスト、コーディング、翻訳、および要素間の関係と調整前後の関係を管理するための独自の構造を提供する必要がある。

JP Coreでは未使用

18. ImagingStudy.reasonReference
Definition

このスタディを正当化する別のリソースを示す。

Indicates another resource whose existence justifies this Study.

TypeReference(JP_Condition|JP_Observation_Common|Media|JP_DiagnosticReport_Common|DocumentReference|Condition|Observation|DiagnosticReport))
Comments

参照は、実在のFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

実施理由が書かれたDiagnosticReportリソースを参照。

19. ImagingStudy.note
Definition

推奨されるDICOMマッピングによると、この要素はスタディの説明属性(0008,1030)から派生している。画像検査に関する観察または所見は、この要素に記述するのではなく、Observationのような別のリソースに記録する必要がある。

Per the recommended DICOM mapping, this element is derived from the Study Description attribute (0008,1030). Observations or findings about the imaging study should be recorded in another resource, e.g. Observation, and not in this element.

Comments

構造化された注釈(アノテーション)を持たないシステムの場合、作成者や時間なしで単一の注釈を簡単に伝達できる。情報を変更する可能性があるため、この要素をナラティブに含める必要がある場合がある。 注釈は、計算機処理れきる「変更」情報を伝達するために使用されるべきではない。 (ユーザの行動を強制することはほとんど不可能であるため、これはSHOULDとする)。

コメント(Annotation型による記述)

20. ImagingStudy.description
Definition

スタディのイメージングマネージャの説明。実施されたスタディ(コンポーネント)の機関生成の説明または分類。

The Imaging Manager description of the study. Institution-generated description or classification of the Study (component) performed.

Comments

FHIR文字列のサイズは1MBを超えてはならないことに注意。

検査に関するフリーコメント。

21. ImagingStudy.series
Definition

個々のスタディは画像か他の内容の1以上のシリーズを有する。

Each study has one or more series of images or other content.

Comments

シリーズ(大まかな画像のグループ)

22. ImagingStudy.series.uid
Definition

そのシリーズに対するDICOM Series Instance UID

The DICOM Series Instance UID for the series.

Comments

[DICOM PS3.3 C.7.3](https://dicom.nema.org/medical/dicom/current/output/chtml/part03/sect_C.7.3.html)を参照。

study階層のidentifierと同じ概念。(0020,000E)にseries固有のUIDが付与される。

See DICOM PS3.3 C.7.3.

23. ImagingStudy.series.number
Definition

このシリーズの数値型識別子

The numeric identifier of this series in the study.

Comments

32ビット数で表す。これより大きい値の場合は、10進数を使用する。

上記UIDとは別に、ユーザ(または装置)が自由に決められる番号。

24. ImagingStudy.series.modality
Definition

シリーズが取得されたモダリティー

The modality of this series sequence.

Must Supporttrue
Comments

コードは、列挙型またはコードリストで、SNOMED CTなどの非常に正式な定義まで、非常に柔軟に定義できる。ただしJP CoreではSNOMED CTを推奨しない。詳細については、HL7v3コア原則を参照。

当該シリーズのモダリティコード。1シリーズ1モダリティ(1つのシリーズの中に複数のモダリティが混在することはない)。

(参照先)

ftp://medical.nema.org/medical/dicom/resources/valuesets/fhir/json/CID_29.json

https://dicom.nema.org/medical/dicom/current/output/chtml/part16/sect_CID_29.html

25. ImagingStudy.series.description
Definition

シリーズの記述。

A description of the series.

Comments

FHIR文字列のサイズは1MBを超えてはならないことに注意。

シリーズごとにつけられるフリーコメント。

26. ImagingStudy.series.numberOfInstances
Definition

スタディの中のSOPインスタンスの数。指定されたこの値は、リソースの可用性、セキュリティ、またはその他の要因により、このリソースに含まれるインスタンス要素の数よりも大きい場合がある。インスタンス要素が存在する場合は、この要素が存在する必要がある。

Number of SOP Instances in the Study. The value given may be larger than the number of instance elements this resource contains due to resource availability, security, or other factors. This element should be present if any instance elements are present.

Comments

32ビット数で表す。これより大きい値の場合は、10進数を使用する。

シリーズに含まれる画像枚数

27. ImagingStudy.series.endpoint
Definition

シリーズへのアクセス(クエリ、表示、取得など)を提供するネットワークサービス。 DICOMエンドポイントの使用については、実装ノートを参照。シリーズレベルのエンドポイントは、同じEndpoint.connectionTypeを持つシリーズレベルのエンドポイントによってオーバーライドされない限り、スタディの各シリーズに適用される。

The network service providing access (e.g., query, view, or retrieval) for this series. See implementation notes for information about using DICOM endpoints. A series-level endpoint, if present, has precedence over a study-level endpoint with the same Endpoint.connectionType.

Comments

典型的なエンドポイントタイプには、RESTful APIを使用してネイティブまたはレンダリング(JPG、PNGなど)形式でDICOMインスタンスを取得するために使用されるDICOMWADO-RSが含まれる。 DICOMWADO-URI。HTTPクエリベースのアプローチを使用することを除いて、ネイティブインスタンスまたはレンダリングされたインスタンスを同様に取得できる。 DICOM QIDO-RSは、実際のインスタンスを取得せずにDICOM情報のRESTfulクエリを可能にする。

study階層のendpointと同じ。DICOMのリソース位置を指定。基本的には1つ。

Typical endpoint types include DICOM WADO-RS, which is used to retrieve DICOM instances in native or rendered (e.g., JPG, PNG) formats using a RESTful API; DICOM WADO-URI, which can similarly retrieve native or rendered instances, except using an HTTP query-based approach; and DICOM QIDO-RS, which allows RESTful query for DICOM information without retrieving the actual instances.

28. ImagingStudy.series.bodySite
Definition

検査対象の解剖学的構造。 bodySiteは、画像化された身体部分の左右差を示している場合がある。その場合、ImagingStudy.series.lateralityのコンテンツと一致している必要がある。

The anatomic structures examined. See DICOM Part 16 Annex L (http://dicom.nema.org/medical/dicom/current/output/chtml/part16/chapter_L.html) for DICOM to SNOMED-CT mappings. The bodySite may indicate the laterality of body part imaged; if so, it shall be consistent with any content of ImagingStudy.series.laterality.

Binding

DICOM tagに設定されているコードをデフォルトとするが、JJ1017Pの小部位コードの利用を許容する。

Codes describing anatomical locations. May include laterality.

Comments

コードは、列挙型またはコードリストで、どの部位の検査なのかを示す。フリーではなく、DICOM定義書の中で示される語句(コード)をデフォルトとするが、JJ1017Pの小部位コードの利用を許容する。

29. ImagingStudy.series.laterality
Definition

検査した(おそらく対になっている)解剖学的構造の左右識別。 例:左膝、両方の肺、または対になっていない腹部。存在する場合は、ImagingStudy.series.bodySiteに示されている左右差情報と一致している必要がある。

The laterality of the (possibly paired) anatomic structures examined. E.g., the left knee, both lungs, or unpaired abdomen. If present, shall be consistent with any laterality information indicated in ImagingStudy.series.bodySite.

Binding

DICOM定義書の中で示される語句(コード)をデフォルトとするが、JJ1017Pの左右コードの利用を許容する。

Codes describing body site laterality (left, right, etc.).

Comments

コードは、列挙型またはコードリストで、どの部位の検査なのかを示す。フリーではなく、DICOM定義書の中で示される語句(コード)をデフォルトとするが、JJ1017Pの左右コードの利用を許容する。

30. ImagingStudy.series.specimen
Definition

例えば、生検のスライド全体の画像化のために画像化された標本。通常の放射線画像検査では使用されない。(DICOMを用いた病理画像検査で用いられる)

The specimen imaged, e.g., for whole slide imaging of a biopsy.

Comments

参照は、実在のFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

【JP Core仕様】UIDは別のtagが存在するので、ユーザ側で自由に付与していい番号と思われる。

31. ImagingStudy.series.started
Definition

シリーズの開始日付、日時。

The date and time the series was started.

Comments

シリーズ単位での開始時刻。最初にシリーズを取得 or 定義した時刻。

32. ImagingStudy.series.performer
Definition

シリーズを実施し、関係した人を示す。

Indicates who or what performed the series and how they were involved.

Comments

シリーズを実施した人がわからない場合は、その組織が記録される場合がある。患者または関係者は、患者自身で取得した画像の場合など、パフォーマーである可能性がある。

【JP Core仕様】検査を実施した(画像を取得する操作を行った)人。

  (0008,1050)Performing Physician's Name

  (0008,1052)Performing Physician Identification Sequence

  (0008,1070)Operators' Name

  (0008,1072)Operator Identification Sequence

If the person who performed the series is not known, their Organization may be recorded. A patient, or related person, may be the performer, e.g. for patient-captured images.

33. ImagingStudy.series.performer.actor
TypeReference(JP_Practitioner|JP_PractitionerRole|JP_Organization|CareTeam|JP_Patient|Device|RelatedPerson|Practitioner|PractitionerRole|Organization|Patient))
Must Supporttrue
Must Support TypesNo must-support rules about the choice of types/profiles
Comments

【JP Core仕様】組織または撮影者

34. ImagingStudy.series.instance
Definition

ひとつの画像、またはプレゼンテーションの状態など、シリーズ内の単一のSOPインスタンス。

A single SOP instance within the series, e.g. an image, or presentation state.

Comments

インスタンス(画像)単位の情報

35. ImagingStudy.series.instance.uid
Must Supporttrue
Comments

DICOM PS3.3 C.12.1を参照。

【JP Core仕様】画像のユニークID。DICOMタグマッピングにある値をそのまま設定。

See DICOM PS3.3 C.12.1.

36. ImagingStudy.series.instance.sopClass
Must Supporttrue
Comments

【JP Core仕様】SOPクラスUID。DICOMタグマッピングにある値をそのまま設定。

37. ImagingStudy.series.instance.number
Comments

32ビット数で表す。これより大きい値の場合は、10進数を使用する。

【JP Core仕様】ユーザ(または装置)が自由に決められる画像ごとの番号。DICOMタグマッピングにある値をそのまま設定。

38. ImagingStudy.series.instance.title
Definition

インスタンスの記述

The description of the instance.

Comments

【JP Core仕様】画像に対する説明。DICOMタグマッピングにある値があれば、そのまま設定

  (0008,0008)Image Type

  (0040,A043)Concept Name Code Sequence

  (0008,0104)Code Meaning

  (0042,0010)Document Title

Particularly for post-acquisition analytic objects, such as SR, presentation states, value mapping, etc.

1. ImagingStudy
Definition

Representation of the content produced in a DICOM imaging study. A study comprises a set of series, each of which includes a set of Service-Object Pair Instances (SOP Instances - images or other data) acquired or produced in a common context. A series is of only one modality (e.g. X-ray, CT, MR, ultrasound), but a study may have multiple series of different modalities.

Control0..*
InvariantsDefined on this element
dom-2: If the resource is contained in another resource, it SHALL NOT contain nested Resources (: contained.contained.empty())
dom-3: If the resource is contained in another resource, it SHALL be referred to from elsewhere in the resource or SHALL refer to the containing resource (: contained.where((('#'+id in (%resource.descendants().reference | %resource.descendants().as(canonical) | %resource.descendants().as(uri) | %resource.descendants().as(url))) or descendants().where(reference = '#').exists() or descendants().where(as(canonical) = '#').exists() or descendants().where(as(canonical) = '#').exists()).not()).trace('unmatched', id).empty())
dom-4: If a resource is contained in another resource, it SHALL NOT have a meta.versionId or a meta.lastUpdated (: contained.meta.versionId.empty() and contained.meta.lastUpdated.empty())
dom-5: If a resource is contained in another resource, it SHALL NOT have a security label (: contained.meta.security.empty())
dom-6: A resource should have narrative for robust management (: text.`div`.exists())
2. ImagingStudy.implicitRules
Definition

A reference to a set of rules that were followed when the resource was constructed, and which must be understood when processing the content. Often, this is a reference to an implementation guide that defines the special rules along with other profiles etc.

Control0..1
Typeuri
Is Modifiertrue
Comments

Asserting this rule set restricts the content to be only understood by a limited set of trading partners. This inherently limits the usefulness of the data in the long term. However, the existing health eco-system is highly fractured, and not yet ready to define, collect, and exchange data in a generally computable sense. Wherever possible, implementers and/or specification writers should avoid using this element. Often, when used, the URL is a reference to an implementation guide that defines these special rules as part of it's narrative along with other profiles, value sets, etc.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
3. ImagingStudy.modifierExtension
Definition

May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the resource and that modifies the understanding of the element that contains it and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer is allowed to define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content
Comments

There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: Must have either extensions or value[x], not both (: extension.exists() != value.exists())
4. ImagingStudy.identifier
Definition

DICOMスタディインスタンスUIDやアクセッション番号などのImagingStudyの識別子。

Identifiers for the ImagingStudy such as DICOM Study Instance UID, and Accession Number.

NoteThis is a business identifier, not a resource identifier (see discussion)
Control0..*
TypeIdentifier
Must Supporttrue
Requirements

ImagingStudyに1つ以上のシリーズ要素が存在する場合、1つのDICOMスタディUID識別子が存在する必要がある([DICOM PS 3.3 C.7.2](https://dicom.nema.org/medical/dicom/current/output/chtml/part03/sect_C.7.2.html)を参照) 。

If one or more series elements are present in the ImagingStudy, then there shall be one DICOM Study UID identifier (see DICOM PS 3.3 C.7.2.

Alternate NamesStudyInstanceUID, AccessionNumber
Comments

DICOMスタディインスタンスUIDのエンコードについては、[Imaging Study Implementation Notes](imagingstudy.html#notes)の説明を参照。アクセッション番号はACSN識別子タイプを使用する必要がある。

【JP-Core仕様】Study Instance UIDは画像が存在する場合に必須、その他は任意。StudyInstanceUID (0020,000D)

See discussion under Imaging Study Implementation Notes for encoding of DICOM Study Instance UID. Accession Number should use ACSN Identifier type.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
5. ImagingStudy.status
Definition

ImagingStudyの現在のステータス

The current state of the ImagingStudy.

Control1..1
BindingThe codes SHALL be taken from ImagingStudyStatus

The status of the ImagingStudy.

Typecode
Is Modifiertrue
Must Supporttrue
Comments

不明(unknown)は「その他」を表すものではない。定義されたステータスの1つを適用する必要がある。不明(unknown)は、オーサリングシステムが現在のステータスを確認できない場合に使用される。

【JP-Core仕様】リソースの状態。

Unknown does not represent "other" - one of the defined statuses must apply. Unknown is used when the authoring system is not sure what the current status is.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
6. ImagingStudy.modality
Definition

実際の取得モダリティであるすべてのseries.modality値のリスト、つまりDICOMコンテキストグループ29(値セットOID 1.2.840.10008.6.1.19)の値。

A list of all the series.modality values that are actual acquisition modalities, i.e. those in the DICOM Context Group 29 (value set OID 1.2.840.10008.6.1.19).

Control0..*
BindingThe codes SHALL be taken from http://dicom.nema.org/medical/dicom/current/output/chtml/part16/sect_CID_29.html; other codes may be used where these codes are not suitable

Type of acquired data in the instance.

TypeCoding
Alternate NamesModalitiesInStudy
Comments

コードは、列挙型またはコードリストで、SNOMED CTなどの非常に正式な定義まで、非常にカジュアルに定義できる。詳細については、HL7v3コア原則を参照のこと。

・モダリティのコードを設定。

・Seriesの階層の(0008,0060)を集約する、または(0008,0060) と (0008, 0061) のOR。但し、重複する値は1つにまとめて表現。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
7. ImagingStudy.subject
Definition

画像検査の対象、通常は患者。

The subject, typically a patient, of the imaging study.

Control1..1
TypeReference(JP_Patient|Device|Group|Patient))
Must Supporttrue
Must Support TypesNo must-support rules about the choice of types/profiles
Comments

QAファントムはDeviceリソースとして記録できる。複数の被験者(マウスなど)の場合はGroupリソースで記録できる。

・患者(Patient)リソースを参照。

・DICOMタグ値を参照する場合は、tag mappingの通りグループ0010(患者情報に関連する情報を扱うグループ)を参照。

・不明患者は、空もしくは不明を指すPatientリソースを参照。

QA phantoms can be recorded with a Device; multiple subjects (such as mice) can be recorded with a Group.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
8. ImagingStudy.encounter
Definition

このImagingStudyが行われるヘルスケアイベント(患者とヘルスケアプロバイダの相互作用など)。

The healthcare event (e.g. a patient and healthcare provider interaction) during which this ImagingStudy is made.

Control0..1
TypeReference(JP_Encounter|Encounter))
Comments

これは通常、イベントが発生したEncounterであるが、一部のイベントは、Encounterの正式な完了の前または後に開始される場合があり、それでもそのEncounterのコンテキストに関連付けられている(例:入院前の検査)

受付を示すEncounterリソースを参照。 (補足:訪問診療では医療者が患者と会った事を指す)

This will typically be the encounter the event occurred within, but some events may be initiated prior to or after the official completion of an encounter but still be tied to the context of the encounter (e.g. pre-admission test).

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
9. ImagingStudy.started
Definition

スタディの開始日時

Date and time the study started.

Control0..1
TypedateTime
Alternate NamesStudyDate, StudyTime
Comments

検査開始日時 もしくは 撮影装置へ患者情報が届いた/入力した日時。

Example
General:2011-01-01T11:01:20+03:00
InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
10. ImagingStudy.basedOn
Definition

この画像検査の実施につながった診断依頼のリスト。

A list of the diagnostic requests that resulted in this imaging study being performed.

Control0..*
TypeReference(CarePlan|ServiceRequest|Appointment|AppointmentResponse|Task))
Requirements

グループ化された手技をサポートすること。(一つの画像検査に複数の種類の手技が含まれることがある。例:胸部/腹部/骨盤部 CT)

To support grouped procedures (one imaging study supporting multiple ordered procedures, e.g. chest/abdomen/pelvis CT).

Comments

参照は、実在するFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的に使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

依頼元のServiceRequestを紐付ける。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
11. ImagingStudy.referrer
Definition

依頼紹介医師

The requesting/referring physician.

Control0..1
TypeReference(JP_Practitioner|JP_PractitionerRole|Practitioner|PractitionerRole))
Alternate NamesReferringPhysiciansName
Comments

参照は、実際のFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

依頼医師。必須ではない(ServiceRequestから参照できるため)。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
12. ImagingStudy.interpreter
Definition

画像の読影者

Who read the study and interpreted the images or other content.

Control0..*
TypeReference(JP_Practitioner|JP_PractitionerRole|Practitioner|PractitionerRole))
Alternate NamesName of Physician(s) Reading Study
Comments

参照は、実際のFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

読影医

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
13. ImagingStudy.endpoint
Definition

スタディへのアクセス(クエリ、表示、取得など)を提供するネットワークサービス。 DICOMエンドポイントの使用については、実装ノートを参照。スタディレベルのエンドポイントは、同じEndpoint.connectionTypeを持つシリーズレベルのエンドポイントによってオーバーライドされない限り、スタディの各シリーズに適用される。

The network service providing access (e.g., query, view, or retrieval) for the study. See implementation notes for information about using DICOM endpoints. A study-level endpoint applies to each series in the study, unless overridden by a series-level endpoint with the same Endpoint.connectionType.

Control0..*
TypeReference(Endpoint))
Requirements

スタディまたはスタディに含まれるシリーズやインスタンスを閲覧(例:IHE’s IID profile)したり、取得(例:DICOM’s WADO-URI and WADO-RS)したりするためのアクセス方法。スタディレベルのbaseLocationは、同じタイプのシリーズレベルのbaseLocationにてオーバーライドされない限り、スタディ内の各シリーズに適用される。

Access methods for viewing (e.g., IHE’s IID profile) or retrieving (e.g., DICOM’s WADO-URI and WADO-RS) the study or the study’s series or instances. The study-level baseLocation applies to each series in the study, unless overridden in series by a series-level baseLocation of the same type.

Comments

典型的なエンドポイントタイプには、RESTful APIを使用してネイティブまたはレンダリング(JPG、PNGなど)形式でDICOMインスタンスを取得するために使用されるDICOMWADO-RSが含まれる。 DICOMWADO-URI。HTTPクエリベースのアプローチを使用することを除いて、ネイティブインスタンスまたはレンダリングされたインスタンスを同様に取得できる。 DICOM QIDO-RS。実際のインスタンスを取得せずに、DICOM情報のRESTfulクエリを可能にする。またはIHEInvoke Image Display(IID)。これは、イメージングWebビューアの標準的な呼び出しを提供する。

DICOMのリソース位置を指定。基本的には1つ。

Typical endpoint types include DICOM WADO-RS, which is used to retrieve DICOM instances in native or rendered (e.g., JPG, PNG), formats using a RESTful API; DICOM WADO-URI, which can similarly retrieve native or rendered instances, except using an HTTP query-based approach; DICOM QIDO-RS, which allows RESTful query for DICOM information without retrieving the actual instances; or IHE Invoke Image Display (IID), which provides standard invocation of an imaging web viewer.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
14. ImagingStudy.numberOfSeries
Definition

調査のシリーズ数。指定されたこの値は、リソースの可用性、セキュリティ、またはその他の要因により、このリソースに含まれる一連の要素の数よりも大きい場合がある。系列要素が存在する場合、この要素が存在する必要がある。

Number of Series in the Study. This value given may be larger than the number of series elements this Resource contains due to resource availability, security, or other factors. This element should be present if any series elements are present.

Control0..1
TypeunsignedInt
Alternate NamesNumberOfStudyRelatedSeries
Comments

32ビット数で表す。これより大きい値の場合は、10進数を使用する。

シリーズの数

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
15. ImagingStudy.numberOfInstances
Definition

スタディの中のSOPインスタンスの数。指定されたこの値は、リソースの可用性、セキュリティ、またはその他の要因により、このリソースに含まれるインスタンス要素の数よりも大きい場合がある。インスタンス要素が存在する場合は、この要素が存在する必要がある。

Number of SOP Instances in Study. This value given may be larger than the number of instance elements this resource contains due to resource availability, security, or other factors. This element should be present if any instance elements are present.

Control0..1
TypeunsignedInt
Alternate NamesNumberOfStudyRelatedInstances
Comments

32ビット数で表す。これより大きい値の場合は、10進数を使用する。

イメージ(インスタンス)の数。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
16. ImagingStudy.procedureReference
Definition

このImagingStudyが含まれていたprocedure リソースへの参照。

The procedure which this ImagingStudy was part of.

Control0..1
TypeReference(JP_Procedure|Procedure))
Comments

参照は、実在するFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

進捗状況に関するProcedureリソースを参照。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
17. ImagingStudy.procedureCode
Definition

実施されたProcedureのタイプを表すコード。

The code for the performed procedure type.

Control0..*
BindingThe codes SHALL be taken from http://playbook.radlex.org/playbook/SearchRadlexAction; other codes may be used where these codes are not suitableThe codes SHALL be taken from http://www.rsna.org/RadLex_Playbook.aspx; other codes may be used where these codes are not suitable

コードは http://playbook.radlex.org/playbook/SearchRadlexAction に該当があれば使わなければならない。ただし、実施された行為のタイプにこれらのコードがなじまない場合は他のコードが利用される可能性がある。

The performed procedure type.

TypeCodeableConcept
Alternate NamesProcedureCodeSequence
Comments

すべてのターミノロジの使用がこの一般的なパターンに適合するわけではない。場合によっては、モデルはCodeableConceptを使用せず、コーディングを直接使用して、テキスト、コーディング、翻訳、および要素間の関係と調整前後の関係を管理するための独自の構造を提供する必要がある。

エラーコードなどを記載

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
18. ImagingStudy.location
Definition

ImagingStudyが実施された主要な物理的な場所。

The principal physical location where the ImagingStudy was performed.

Control0..1
TypeReference(Location))
Requirements

イベントをレコードが保持される可能性が高い場所に結び付け、イベントの発生に関するコンテキストを提供する。 (たとえば、専用の医療環境の内外で発生した場合など。)

Ties the event to where the records are likely kept and provides context around the event occurrence (e.g. if it occurred inside or outside a dedicated healthcare setting).

Comments

参照は、実在のFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

撮影室を示すLocationリソースを参照。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
19. ImagingStudy.reasonCode
Definition

ImagingStudyが要求された理由を示す臨床状態の説明。

Description of clinical condition indicating why the ImagingStudy was requested.

Control0..*
BindingFor example codes, see ProcedureReasonCodes

The reason for the study.

TypeCodeableConcept
Comments

すべてのターミノロジの使用がこの一般的なパターンに適合するわけではない。場合によっては、モデルはCodeableConceptを使用せず、コーディングを直接使用して、テキスト、コーディング、翻訳、および要素間の関係と調整前後の関係を管理するための独自の構造を提供する必要がある。

JP Coreでは未使用

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
20. ImagingStudy.reasonReference
Definition

このスタディを正当化する別のリソースを示す。

Indicates another resource whose existence justifies this Study.

Control0..*
TypeReference(JP_Condition|JP_Observation_Common|Media|JP_DiagnosticReport_Common|DocumentReference|Condition|Observation|DiagnosticReport))
Comments

参照は、実在のFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

実施理由が書かれたDiagnosticReportリソースを参照。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
21. ImagingStudy.note
Definition

推奨されるDICOMマッピングによると、この要素はスタディの説明属性(0008,1030)から派生している。画像検査に関する観察または所見は、この要素に記述するのではなく、Observationのような別のリソースに記録する必要がある。

Per the recommended DICOM mapping, this element is derived from the Study Description attribute (0008,1030). Observations or findings about the imaging study should be recorded in another resource, e.g. Observation, and not in this element.

Control0..*
TypeAnnotation
Comments

構造化された注釈(アノテーション)を持たないシステムの場合、作成者や時間なしで単一の注釈を簡単に伝達できる。情報を変更する可能性があるため、この要素をナラティブに含める必要がある場合がある。 注釈は、計算機処理れきる「変更」情報を伝達するために使用されるべきではない。 (ユーザの行動を強制することはほとんど不可能であるため、これはSHOULDとする)。

コメント(Annotation型による記述)

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
22. ImagingStudy.description
Definition

スタディのイメージングマネージャの説明。実施されたスタディ(コンポーネント)の機関生成の説明または分類。

The Imaging Manager description of the study. Institution-generated description or classification of the Study (component) performed.

Control0..1
Typestring
Alternate NamesStudyDescription
Comments

FHIR文字列のサイズは1MBを超えてはならないことに注意。

検査に関するフリーコメント。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
23. ImagingStudy.series
Definition

個々のスタディは画像か他の内容の1以上のシリーズを有する。

Each study has one or more series of images or other content.

Control0..*
TypeBackboneElement
Comments

シリーズ(大まかな画像のグループ)

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
24. ImagingStudy.series.modifierExtension
Definition

May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element and that modifies the understanding of the element in which it is contained and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content, modifiers
Comments

There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: Must have either extensions or value[x], not both (: extension.exists() != value.exists())
25. ImagingStudy.series.uid
Definition

そのシリーズに対するDICOM Series Instance UID

The DICOM Series Instance UID for the series.

Control1..1
Typeid
Requirements

DICOM Series Instance UID.

Alternate NamesSeriesInstanceUID
Comments

[DICOM PS3.3 C.7.3](https://dicom.nema.org/medical/dicom/current/output/chtml/part03/sect_C.7.3.html)を参照。

study階層のidentifierと同じ概念。(0020,000E)にseries固有のUIDが付与される。

See DICOM PS3.3 C.7.3.

Example
General:2.16.124.113543.6003.2588828330.45298.17418.2723805630
InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
26. ImagingStudy.series.number
Definition

このシリーズの数値型識別子

The numeric identifier of this series in the study.

Control0..1
TypeunsignedInt
Alternate NamesSeriesNumber
Comments

32ビット数で表す。これより大きい値の場合は、10進数を使用する。

上記UIDとは別に、ユーザ(または装置)が自由に決められる番号。

Example
General:3
InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
27. ImagingStudy.series.modality
Definition

シリーズが取得されたモダリティー

The modality of this series sequence.

Control1..1
BindingThe codes SHALL be taken from http://dicom.nema.org/medical/dicom/current/output/chtml/part16/sect_CID_29.html; other codes may be used where these codes are not suitable

Type of acquired data in the instance.

TypeCoding
Must Supporttrue
Alternate NamesModality
Comments

コードは、列挙型またはコードリストで、SNOMED CTなどの非常に正式な定義まで、非常に柔軟に定義できる。ただしJP CoreではSNOMED CTを推奨しない。詳細については、HL7v3コア原則を参照。

当該シリーズのモダリティコード。1シリーズ1モダリティ(1つのシリーズの中に複数のモダリティが混在することはない)。

(参照先)

ftp://medical.nema.org/medical/dicom/resources/valuesets/fhir/json/CID_29.json

https://dicom.nema.org/medical/dicom/current/output/chtml/part16/sect_CID_29.html

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
28. ImagingStudy.series.description
Definition

シリーズの記述。

A description of the series.

Control0..1
Typestring
Alternate NamesSeriesDescription
Comments

FHIR文字列のサイズは1MBを超えてはならないことに注意。

シリーズごとにつけられるフリーコメント。

Example
General:CT Surview 180
InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
29. ImagingStudy.series.numberOfInstances
Definition

スタディの中のSOPインスタンスの数。指定されたこの値は、リソースの可用性、セキュリティ、またはその他の要因により、このリソースに含まれるインスタンス要素の数よりも大きい場合がある。インスタンス要素が存在する場合は、この要素が存在する必要がある。

Number of SOP Instances in the Study. The value given may be larger than the number of instance elements this resource contains due to resource availability, security, or other factors. This element should be present if any instance elements are present.

Control0..1
TypeunsignedInt
Alternate NamesNumberOfSeriesRelatedInstances
Comments

32ビット数で表す。これより大きい値の場合は、10進数を使用する。

シリーズに含まれる画像枚数

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
30. ImagingStudy.series.endpoint
Definition

シリーズへのアクセス(クエリ、表示、取得など)を提供するネットワークサービス。 DICOMエンドポイントの使用については、実装ノートを参照。シリーズレベルのエンドポイントは、同じEndpoint.connectionTypeを持つシリーズレベルのエンドポイントによってオーバーライドされない限り、スタディの各シリーズに適用される。

The network service providing access (e.g., query, view, or retrieval) for this series. See implementation notes for information about using DICOM endpoints. A series-level endpoint, if present, has precedence over a study-level endpoint with the same Endpoint.connectionType.

Control0..*
TypeReference(Endpoint))
Requirements

Access methods for retrieving (e.g., DICOM’s WADO-URI and WADO-RS) the series or the series’ instances. A baseLocation specified at the series level has precedence over a baseLocation of the same type specified at the study level.

Comments

典型的なエンドポイントタイプには、RESTful APIを使用してネイティブまたはレンダリング(JPG、PNGなど)形式でDICOMインスタンスを取得するために使用されるDICOMWADO-RSが含まれる。 DICOMWADO-URI。HTTPクエリベースのアプローチを使用することを除いて、ネイティブインスタンスまたはレンダリングされたインスタンスを同様に取得できる。 DICOM QIDO-RSは、実際のインスタンスを取得せずにDICOM情報のRESTfulクエリを可能にする。

study階層のendpointと同じ。DICOMのリソース位置を指定。基本的には1つ。

Typical endpoint types include DICOM WADO-RS, which is used to retrieve DICOM instances in native or rendered (e.g., JPG, PNG) formats using a RESTful API; DICOM WADO-URI, which can similarly retrieve native or rendered instances, except using an HTTP query-based approach; and DICOM QIDO-RS, which allows RESTful query for DICOM information without retrieving the actual instances.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
31. ImagingStudy.series.bodySite
Definition

検査対象の解剖学的構造。 bodySiteは、画像化された身体部分の左右差を示している場合がある。その場合、ImagingStudy.series.lateralityのコンテンツと一致している必要がある。

The anatomic structures examined. See DICOM Part 16 Annex L (http://dicom.nema.org/medical/dicom/current/output/chtml/part16/chapter_L.html) for DICOM to SNOMED-CT mappings. The bodySite may indicate the laterality of body part imaged; if so, it shall be consistent with any content of ImagingStudy.series.laterality.

Control0..1
BindingFor example codes, see SNOMEDCTBodyStructures

DICOM tagに設定されているコードをデフォルトとするが、JJ1017Pの小部位コードの利用を許容する。

Codes describing anatomical locations. May include laterality.

TypeCoding
Alternate NamesBodyPartExamined
Comments

コードは、列挙型またはコードリストで、どの部位の検査なのかを示す。フリーではなく、DICOM定義書の中で示される語句(コード)をデフォルトとするが、JJ1017Pの小部位コードの利用を許容する。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
32. ImagingStudy.series.laterality
Definition

検査した(おそらく対になっている)解剖学的構造の左右識別。 例:左膝、両方の肺、または対になっていない腹部。存在する場合は、ImagingStudy.series.bodySiteに示されている左右差情報と一致している必要がある。

The laterality of the (possibly paired) anatomic structures examined. E.g., the left knee, both lungs, or unpaired abdomen. If present, shall be consistent with any laterality information indicated in ImagingStudy.series.bodySite.

Control0..1
BindingFor example codes, see Laterality

DICOM定義書の中で示される語句(コード)をデフォルトとするが、JJ1017Pの左右コードの利用を許容する。

Codes describing body site laterality (left, right, etc.).

TypeCoding
Comments

コードは、列挙型またはコードリストで、どの部位の検査なのかを示す。フリーではなく、DICOM定義書の中で示される語句(コード)をデフォルトとするが、JJ1017Pの左右コードの利用を許容する。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
33. ImagingStudy.series.specimen
Definition

例えば、生検のスライド全体の画像化のために画像化された標本。通常の放射線画像検査では使用されない。(DICOMを用いた病理画像検査で用いられる)

The specimen imaged, e.g., for whole slide imaging of a biopsy.

Control0..*
TypeReference(Specimen))
Comments

参照は、実在のFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

【JP Core仕様】UIDは別のtagが存在するので、ユーザ側で自由に付与していい番号と思われる。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
34. ImagingStudy.series.started
Definition

シリーズの開始日付、日時。

The date and time the series was started.

Control0..1
TypedateTime
Comments

シリーズ単位での開始時刻。最初にシリーズを取得 or 定義した時刻。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
35. ImagingStudy.series.performer
Definition

シリーズを実施し、関係した人を示す。

Indicates who or what performed the series and how they were involved.

Control0..*
TypeBackboneElement
Requirements

The performer is recorded at the series level, since each series in a study may be performed by a different performer, at different times, and using different devices. A series may be performed by multiple performers.

Alternate NamesPerformingPhysicianName, OperatorName
Comments

シリーズを実施した人がわからない場合は、その組織が記録される場合がある。患者または関係者は、患者自身で取得した画像の場合など、パフォーマーである可能性がある。

【JP Core仕様】検査を実施した(画像を取得する操作を行った)人。

  (0008,1050)Performing Physician's Name

  (0008,1052)Performing Physician Identification Sequence

  (0008,1070)Operators' Name

  (0008,1072)Operator Identification Sequence

If the person who performed the series is not known, their Organization may be recorded. A patient, or related person, may be the performer, e.g. for patient-captured images.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
36. ImagingStudy.series.performer.modifierExtension
Definition

May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element and that modifies the understanding of the element in which it is contained and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content, modifiers
Comments

There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: Must have either extensions or value[x], not both (: extension.exists() != value.exists())
37. ImagingStudy.series.performer.actor
Definition

Indicates who or what performed the series.

Control1..1
TypeReference(JP_Practitioner|JP_PractitionerRole|JP_Organization|CareTeam|JP_Patient|Device|RelatedPerson|Practitioner|PractitionerRole|Organization|Patient))
Must Supporttrue
Must Support TypesNo must-support rules about the choice of types/profiles
Comments

【JP Core仕様】組織または撮影者

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
38. ImagingStudy.series.instance
Definition

ひとつの画像、またはプレゼンテーションの状態など、シリーズ内の単一のSOPインスタンス。

A single SOP instance within the series, e.g. an image, or presentation state.

Control0..*
TypeBackboneElement
Comments

インスタンス(画像)単位の情報

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
39. ImagingStudy.series.instance.modifierExtension
Definition

May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element and that modifies the understanding of the element in which it is contained and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content, modifiers
Comments

There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: Must have either extensions or value[x], not both (: extension.exists() != value.exists())
40. ImagingStudy.series.instance.uid
Definition

The DICOM SOP Instance UID for this image or other DICOM content.

Control1..1
Typeid
Must Supporttrue
Requirements

DICOM SOP Instance UID.

Alternate NamesSOPInstanceUID
Comments

DICOM PS3.3 C.12.1を参照。

【JP Core仕様】画像のユニークID。DICOMタグマッピングにある値をそのまま設定。

See DICOM PS3.3 C.12.1.

Example
General:2.16.124.113543.6003.189642796.63084.16748.2599092903
InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
41. ImagingStudy.series.instance.sopClass
Definition

DICOM instance type.

Control1..1
BindingThe codes SHALL be taken from http://dicom.nema.org/medical/dicom/current/output/chtml/part04/sect_B.5.html#table_B.5-1; other codes may be used where these codes are not suitable

The sopClass for the instance.

TypeCoding
Must Supporttrue
Alternate NamesSOPClassUID
Comments

【JP Core仕様】SOPクラスUID。DICOMタグマッピングにある値をそのまま設定。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
42. ImagingStudy.series.instance.number
Definition

The number of instance in the series.

Control0..1
TypeunsignedInt
Alternate NamesInstanceNumber
Comments

32ビット数で表す。これより大きい値の場合は、10進数を使用する。

【JP Core仕様】ユーザ(または装置)が自由に決められる画像ごとの番号。DICOMタグマッピングにある値をそのまま設定。

Example
General:1
InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
43. ImagingStudy.series.instance.title
Definition

インスタンスの記述

The description of the instance.

Control0..1
Typestring
Comments

【JP Core仕様】画像に対する説明。DICOMタグマッピングにある値があれば、そのまま設定

  (0008,0008)Image Type

  (0040,A043)Concept Name Code Sequence

  (0008,0104)Code Meaning

  (0042,0010)Document Title

Particularly for post-acquisition analytic objects, such as SR, presentation states, value mapping, etc.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
1. ImagingStudy
Definition

Representation of the content produced in a DICOM imaging study. A study comprises a set of series, each of which includes a set of Service-Object Pair Instances (SOP Instances - images or other data) acquired or produced in a common context. A series is of only one modality (e.g. X-ray, CT, MR, ultrasound), but a study may have multiple series of different modalities.

Control0..*
2. ImagingStudy.id
Definition

The logical id of the resource, as used in the URL for the resource. Once assigned, this value never changes.

Control0..1
Typeid
Comments

The only time that a resource does not have an id is when it is being submitted to the server using a create operation.

3. ImagingStudy.meta
Definition

The metadata about the resource. This is content that is maintained by the infrastructure. Changes to the content might not always be associated with version changes to the resource.

Control0..1
TypeMeta
InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
4. ImagingStudy.implicitRules
Definition

A reference to a set of rules that were followed when the resource was constructed, and which must be understood when processing the content. Often, this is a reference to an implementation guide that defines the special rules along with other profiles etc.

Control0..1
Typeuri
Is Modifiertrue
Comments

Asserting this rule set restricts the content to be only understood by a limited set of trading partners. This inherently limits the usefulness of the data in the long term. However, the existing health eco-system is highly fractured, and not yet ready to define, collect, and exchange data in a generally computable sense. Wherever possible, implementers and/or specification writers should avoid using this element. Often, when used, the URL is a reference to an implementation guide that defines these special rules as part of it's narrative along with other profiles, value sets, etc.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
5. ImagingStudy.language
Definition

The base language in which the resource is written.

Control0..1
BindingThe codes SHOULD be taken from CommonLanguages A human language
Additional BindingsPurpose
AllLanguagesMax Binding
Typecode
Comments

Language is provided to support indexing and accessibility (typically, services such as text to speech use the language tag). The html language tag in the narrative applies to the narrative. The language tag on the resource may be used to specify the language of other presentations generated from the data in the resource. Not all the content has to be in the base language. The Resource.language should not be assumed to apply to the narrative automatically. If a language is specified, it should it also be specified on the div element in the html (see rules in HTML5 for information about the relationship between xml:lang and the html lang attribute).

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
6. ImagingStudy.text
Definition

A human-readable narrative that contains a summary of the resource and can be used to represent the content of the resource to a human. The narrative need not encode all the structured data, but is required to contain sufficient detail to make it "clinically safe" for a human to just read the narrative. Resource definitions may define what content should be represented in the narrative to ensure clinical safety.

Control0..1
TypeNarrative
Alternate Namesnarrativehtmlxhtmldisplay
Comments

Contained resources do not have narrative. Resources that are not contained SHOULD have a narrative. In some cases, a resource may only have text with little or no additional discrete data (as long as all minOccurs=1 elements are satisfied). This may be necessary for data from legacy systems where information is captured as a "text blob" or where text is additionally entered raw or narrated and encoded information is added later.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
7. ImagingStudy.contained
Definition

These resources do not have an independent existence apart from the resource that contains them - they cannot be identified independently, and nor can they have their own independent transaction scope.

Control0..*
TypeResource
Alternate Namesinline resourcesanonymous resourcescontained resources
Comments

This should never be done when the content can be identified properly, as once identification is lost, it is extremely difficult (and context dependent) to restore it again. Contained resources may have profiles and tags In their meta elements, but SHALL NOT have security labels.

8. ImagingStudy.extension
Definition

May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the resource. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension.

Control0..*
TypeExtension
Alternate Namesextensionsuser content
Comments

There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: Must have either extensions or value[x], not both (: extension.exists() != value.exists())
9. ImagingStudy.modifierExtension
Definition

May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the resource and that modifies the understanding of the element that contains it and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer is allowed to define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensionsuser content
Comments

There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: Must have either extensions or value[x], not both (: extension.exists() != value.exists())
10. ImagingStudy.identifier
Definition

DICOMスタディインスタンスUIDやアクセッション番号などのImagingStudyの識別子。

NoteThis is a business identifier, not a resource identifier (see discussion)
Control0..*
TypeIdentifier
Must Supporttrue
Requirements

ImagingStudyに1つ以上のシリーズ要素が存在する場合、1つのDICOMスタディUID識別子が存在する必要がある([DICOM PS 3.3 C.7.2](https://dicom.nema.org/medical/dicom/current/output/chtml/part03/sect_C.7.2.html)を参照) 。

Alternate NamesStudyInstanceUIDAccessionNumber
Comments

DICOMスタディインスタンスUIDのエンコードについては、[Imaging Study Implementation Notes](imagingstudy.html#notes)の説明を参照。アクセッション番号はACSN識別子タイプを使用する必要がある。

【JP-Core仕様】Study Instance UIDは画像が存在する場合に必須、その他は任意。StudyInstanceUID (0020,000D)

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
11. ImagingStudy.status
Definition

ImagingStudyの現在のステータス

Control1..1
BindingThe codes SHALL be taken from ImagingStudyStatus The status of the ImagingStudy
Typecode
Is Modifiertrue
Must Supporttrue
Comments

不明(unknown)は「その他」を表すものではない。定義されたステータスの1つを適用する必要がある。不明(unknown)は、オーサリングシステムが現在のステータスを確認できない場合に使用される。

【JP-Core仕様】リソースの状態。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
12. ImagingStudy.modality
Definition

実際の取得モダリティであるすべてのseries.modality値のリスト、つまりDICOMコンテキストグループ29(値セットOID 1.2.840.10008.6.1.19)の値。

Control0..*
BindingThe codes SHALL be taken from http://dicom.nema.org/medical/dicom/current/output/chtml/part16/sect_CID_29.html; other codes may be used where these codes are not suitable Type of acquired data in the instance
TypeCoding
Alternate NamesModalitiesInStudy
Comments

コードは、列挙型またはコードリストで、SNOMED CTなどの非常に正式な定義まで、非常にカジュアルに定義できる。詳細については、HL7v3コア原則を参照のこと。

・モダリティのコードを設定。

・Seriesの階層の(0008,0060)を集約する、または(0008,0060) と (0008, 0061) のOR。但し、重複する値は1つにまとめて表現。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
13. ImagingStudy.subject
Definition

画像検査の対象、通常は患者。

Control1..1
TypeReference(JP_PatientDeviceGroup))
Must Supporttrue
Must Support TypesNo must-support rules about the choice of types/profiles
Comments

QAファントムはDeviceリソースとして記録できる。複数の被験者(マウスなど)の場合はGroupリソースで記録できる。

・患者(Patient)リソースを参照。

・DICOMタグ値を参照する場合は、tag mappingの通りグループ0010(患者情報に関連する情報を扱うグループ)を参照。

・不明患者は、空もしくは不明を指すPatientリソースを参照。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
14. ImagingStudy.encounter
Definition

このImagingStudyが行われるヘルスケアイベント(患者とヘルスケアプロバイダの相互作用など)。

Control0..1
TypeReference(JP_Encounter))
Comments

これは通常、イベントが発生したEncounterであるが、一部のイベントは、Encounterの正式な完了の前または後に開始される場合があり、それでもそのEncounterのコンテキストに関連付けられている(例:入院前の検査)

受付を示すEncounterリソースを参照。 (補足:訪問診療では医療者が患者と会った事を指す)

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
15. ImagingStudy.started
Definition

スタディの開始日時

Control0..1
TypedateTime
Alternate NamesStudyDateStudyTime
Comments

検査開始日時 もしくは 撮影装置へ患者情報が届いた/入力した日時。

Example
General:2011-01-01T11:01:20+03:00
InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
16. ImagingStudy.basedOn
Definition

この画像検査の実施につながった診断依頼のリスト。

Control0..*
TypeReference(CarePlanServiceRequestAppointmentAppointmentResponseTask))
Requirements

グループ化された手技をサポートすること。(一つの画像検査に複数の種類の手技が含まれることがある。例:胸部/腹部/骨盤部 CT)

Comments

参照は、実在するFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的に使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

依頼元のServiceRequestを紐付ける。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
17. ImagingStudy.referrer
Definition

依頼紹介医師

Control0..1
TypeReference(JP_PractitionerJP_PractitionerRole))
Alternate NamesReferringPhysiciansName
Comments

参照は、実際のFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

依頼医師。必須ではない(ServiceRequestから参照できるため)。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
18. ImagingStudy.interpreter
Definition

画像の読影者

Control0..*
TypeReference(JP_PractitionerJP_PractitionerRole))
Alternate NamesName of Physician(s) Reading Study
Comments

参照は、実際のFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

読影医

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
19. ImagingStudy.endpoint
Definition

スタディへのアクセス(クエリ、表示、取得など)を提供するネットワークサービス。 DICOMエンドポイントの使用については、実装ノートを参照。スタディレベルのエンドポイントは、同じEndpoint.connectionTypeを持つシリーズレベルのエンドポイントによってオーバーライドされない限り、スタディの各シリーズに適用される。

Control0..*
TypeReference(Endpoint))
Requirements

スタディまたはスタディに含まれるシリーズやインスタンスを閲覧(例:IHE’s IID profile)したり、取得(例:DICOM’s WADO-URI and WADO-RS)したりするためのアクセス方法。スタディレベルのbaseLocationは、同じタイプのシリーズレベルのbaseLocationにてオーバーライドされない限り、スタディ内の各シリーズに適用される。

Comments

典型的なエンドポイントタイプには、RESTful APIを使用してネイティブまたはレンダリング(JPG、PNGなど)形式でDICOMインスタンスを取得するために使用されるDICOMWADO-RSが含まれる。 DICOMWADO-URI。HTTPクエリベースのアプローチを使用することを除いて、ネイティブインスタンスまたはレンダリングされたインスタンスを同様に取得できる。 DICOM QIDO-RS。実際のインスタンスを取得せずに、DICOM情報のRESTfulクエリを可能にする。またはIHEInvoke Image Display(IID)。これは、イメージングWebビューアの標準的な呼び出しを提供する。

DICOMのリソース位置を指定。基本的には1つ。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
20. ImagingStudy.numberOfSeries
Definition

調査のシリーズ数。指定されたこの値は、リソースの可用性、セキュリティ、またはその他の要因により、このリソースに含まれる一連の要素の数よりも大きい場合がある。系列要素が存在する場合、この要素が存在する必要がある。

Control0..1
TypeunsignedInt
Alternate NamesNumberOfStudyRelatedSeries
Comments

32ビット数で表す。これより大きい値の場合は、10進数を使用する。

シリーズの数

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
21. ImagingStudy.numberOfInstances
Definition

スタディの中のSOPインスタンスの数。指定されたこの値は、リソースの可用性、セキュリティ、またはその他の要因により、このリソースに含まれるインスタンス要素の数よりも大きい場合がある。インスタンス要素が存在する場合は、この要素が存在する必要がある。

Control0..1
TypeunsignedInt
Alternate NamesNumberOfStudyRelatedInstances
Comments

32ビット数で表す。これより大きい値の場合は、10進数を使用する。

イメージ(インスタンス)の数。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
22. ImagingStudy.procedureReference
Definition

このImagingStudyが含まれていたprocedure リソースへの参照。

Control0..1
TypeReference(JP_Procedure))
Comments

参照は、実在するFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

進捗状況に関するProcedureリソースを参照。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
23. ImagingStudy.procedureCode
Definition

実施されたProcedureのタイプを表すコード。

Control0..*
BindingThe codes SHALL be taken from http://playbook.radlex.org/playbook/SearchRadlexAction; other codes may be used where these codes are not suitable コードは http://playbook.radlex.org/playbook/SearchRadlexAction に該当があれば使わなければならない。ただし、実施された行為のタイプにこれらのコードがなじまない場合は他のコードが利用される可能性がある
TypeCodeableConcept
Alternate NamesProcedureCodeSequence
Comments

すべてのターミノロジの使用がこの一般的なパターンに適合するわけではない。場合によっては、モデルはCodeableConceptを使用せず、コーディングを直接使用して、テキスト、コーディング、翻訳、および要素間の関係と調整前後の関係を管理するための独自の構造を提供する必要がある。

エラーコードなどを記載

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
24. ImagingStudy.location
Definition

ImagingStudyが実施された主要な物理的な場所。

Control0..1
TypeReference(Location))
Requirements

イベントをレコードが保持される可能性が高い場所に結び付け、イベントの発生に関するコンテキストを提供する。 (たとえば、専用の医療環境の内外で発生した場合など。)

Comments

参照は、実在のFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

撮影室を示すLocationリソースを参照。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
25. ImagingStudy.reasonCode
Definition

ImagingStudyが要求された理由を示す臨床状態の説明。

Control0..*
BindingFor example codes, see ProcedureReasonCodes The reason for the study
TypeCodeableConcept
Comments

すべてのターミノロジの使用がこの一般的なパターンに適合するわけではない。場合によっては、モデルはCodeableConceptを使用せず、コーディングを直接使用して、テキスト、コーディング、翻訳、および要素間の関係と調整前後の関係を管理するための独自の構造を提供する必要がある。

JP Coreでは未使用

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
26. ImagingStudy.reasonReference
Definition

このスタディを正当化する別のリソースを示す。

Control0..*
TypeReference(JP_ConditionJP_Observation_CommonMediaJP_DiagnosticReport_CommonDocumentReference))
Comments

参照は、実在のFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

実施理由が書かれたDiagnosticReportリソースを参照。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
27. ImagingStudy.note
Definition

推奨されるDICOMマッピングによると、この要素はスタディの説明属性(0008,1030)から派生している。画像検査に関する観察または所見は、この要素に記述するのではなく、Observationのような別のリソースに記録する必要がある。

Control0..*
TypeAnnotation
Comments

構造化された注釈(アノテーション)を持たないシステムの場合、作成者や時間なしで単一の注釈を簡単に伝達できる。情報を変更する可能性があるため、この要素をナラティブに含める必要がある場合がある。 注釈は、計算機処理れきる「変更」情報を伝達するために使用されるべきではない。 (ユーザの行動を強制することはほとんど不可能であるため、これはSHOULDとする)。

コメント(Annotation型による記述)

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
28. ImagingStudy.description
Definition

スタディのイメージングマネージャの説明。実施されたスタディ(コンポーネント)の機関生成の説明または分類。

Control0..1
Typestring
Alternate NamesStudyDescription
Comments

FHIR文字列のサイズは1MBを超えてはならないことに注意。

検査に関するフリーコメント。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
29. ImagingStudy.series
Definition

個々のスタディは画像か他の内容の1以上のシリーズを有する。

Control0..*
TypeBackboneElement
Comments

シリーズ(大まかな画像のグループ)

30. ImagingStudy.series.id
Definition

Unique id for the element within a resource (for internal references). This may be any string value that does not contain spaces.

Control0..1
Typestring
XML RepresentationIn the XML format, this property is represented as an attribute.
31. ImagingStudy.series.extension
Definition

May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension.

Control0..*
TypeExtension
Alternate Namesextensionsuser content
Comments

There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: Must have either extensions or value[x], not both (: extension.exists() != value.exists())
32. ImagingStudy.series.modifierExtension
Definition

May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element and that modifies the understanding of the element in which it is contained and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensionsuser contentmodifiers
Comments

There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: Must have either extensions or value[x], not both (: extension.exists() != value.exists())
33. ImagingStudy.series.uid
Definition

そのシリーズに対するDICOM Series Instance UID

Control1..1
Typeid
Requirements

DICOM Series Instance UID.

Alternate NamesSeriesInstanceUID
Comments

[DICOM PS3.3 C.7.3](https://dicom.nema.org/medical/dicom/current/output/chtml/part03/sect_C.7.3.html)を参照。

study階層のidentifierと同じ概念。(0020,000E)にseries固有のUIDが付与される。

Example
General:2.16.124.113543.6003.2588828330.45298.17418.2723805630
InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
34. ImagingStudy.series.number
Definition

このシリーズの数値型識別子

Control0..1
TypeunsignedInt
Alternate NamesSeriesNumber
Comments

32ビット数で表す。これより大きい値の場合は、10進数を使用する。

上記UIDとは別に、ユーザ(または装置)が自由に決められる番号。

Example
General:3
InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
35. ImagingStudy.series.modality
Definition

シリーズが取得されたモダリティー

Control1..1
BindingThe codes SHALL be taken from http://dicom.nema.org/medical/dicom/current/output/chtml/part16/sect_CID_29.html; other codes may be used where these codes are not suitable Type of acquired data in the instance
TypeCoding
Must Supporttrue
Alternate NamesModality
Comments

コードは、列挙型またはコードリストで、SNOMED CTなどの非常に正式な定義まで、非常に柔軟に定義できる。ただしJP CoreではSNOMED CTを推奨しない。詳細については、HL7v3コア原則を参照。

当該シリーズのモダリティコード。1シリーズ1モダリティ(1つのシリーズの中に複数のモダリティが混在することはない)。

(参照先)

ftp://medical.nema.org/medical/dicom/resources/valuesets/fhir/json/CID_29.json

https://dicom.nema.org/medical/dicom/current/output/chtml/part16/sect_CID_29.html

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
36. ImagingStudy.series.description
Definition

シリーズの記述。

Control0..1
Typestring
Alternate NamesSeriesDescription
Comments

FHIR文字列のサイズは1MBを超えてはならないことに注意。

シリーズごとにつけられるフリーコメント。

Example
General:CT Surview 180
InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
37. ImagingStudy.series.numberOfInstances
Definition

スタディの中のSOPインスタンスの数。指定されたこの値は、リソースの可用性、セキュリティ、またはその他の要因により、このリソースに含まれるインスタンス要素の数よりも大きい場合がある。インスタンス要素が存在する場合は、この要素が存在する必要がある。

Control0..1
TypeunsignedInt
Alternate NamesNumberOfSeriesRelatedInstances
Comments

32ビット数で表す。これより大きい値の場合は、10進数を使用する。

シリーズに含まれる画像枚数

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
38. ImagingStudy.series.endpoint
Definition

シリーズへのアクセス(クエリ、表示、取得など)を提供するネットワークサービス。 DICOMエンドポイントの使用については、実装ノートを参照。シリーズレベルのエンドポイントは、同じEndpoint.connectionTypeを持つシリーズレベルのエンドポイントによってオーバーライドされない限り、スタディの各シリーズに適用される。

Control0..*
TypeReference(Endpoint))
Requirements

Access methods for retrieving (e.g., DICOM’s WADO-URI and WADO-RS) the series or the series’ instances. A baseLocation specified at the series level has precedence over a baseLocation of the same type specified at the study level.

Comments

典型的なエンドポイントタイプには、RESTful APIを使用してネイティブまたはレンダリング(JPG、PNGなど)形式でDICOMインスタンスを取得するために使用されるDICOMWADO-RSが含まれる。 DICOMWADO-URI。HTTPクエリベースのアプローチを使用することを除いて、ネイティブインスタンスまたはレンダリングされたインスタンスを同様に取得できる。 DICOM QIDO-RSは、実際のインスタンスを取得せずにDICOM情報のRESTfulクエリを可能にする。

study階層のendpointと同じ。DICOMのリソース位置を指定。基本的には1つ。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
39. ImagingStudy.series.bodySite
Definition

検査対象の解剖学的構造。 bodySiteは、画像化された身体部分の左右差を示している場合がある。その場合、ImagingStudy.series.lateralityのコンテンツと一致している必要がある。

Control0..1
BindingFor example codes, see SNOMEDCTBodyStructures DICOM tagに設定されているコードをデフォルトとするが、JJ1017Pの小部位コードの利用を許容する
TypeCoding
Alternate NamesBodyPartExamined
Comments

コードは、列挙型またはコードリストで、どの部位の検査なのかを示す。フリーではなく、DICOM定義書の中で示される語句(コード)をデフォルトとするが、JJ1017Pの小部位コードの利用を許容する。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
40. ImagingStudy.series.laterality
Definition

検査した(おそらく対になっている)解剖学的構造の左右識別。 例:左膝、両方の肺、または対になっていない腹部。存在する場合は、ImagingStudy.series.bodySiteに示されている左右差情報と一致している必要がある。

Control0..1
BindingFor example codes, see Laterality DICOM定義書の中で示される語句(コード)をデフォルトとするが、JJ1017Pの左右コードの利用を許容する
TypeCoding
Comments

コードは、列挙型またはコードリストで、どの部位の検査なのかを示す。フリーではなく、DICOM定義書の中で示される語句(コード)をデフォルトとするが、JJ1017Pの左右コードの利用を許容する。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
41. ImagingStudy.series.specimen
Definition

例えば、生検のスライド全体の画像化のために画像化された標本。通常の放射線画像検査では使用されない。(DICOMを用いた病理画像検査で用いられる)

Control0..*
TypeReference(Specimen))
Comments

参照は、実在のFHIRリソースへの参照である必要があり、内容に辿り着ける(解決できる)必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

【JP Core仕様】UIDは別のtagが存在するので、ユーザ側で自由に付与していい番号と思われる。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
42. ImagingStudy.series.started
Definition

シリーズの開始日付、日時。

Control0..1
TypedateTime
Comments

シリーズ単位での開始時刻。最初にシリーズを取得 or 定義した時刻。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
43. ImagingStudy.series.performer
Definition

シリーズを実施し、関係した人を示す。

Control0..*
TypeBackboneElement
Requirements

The performer is recorded at the series level, since each series in a study may be performed by a different performer, at different times, and using different devices. A series may be performed by multiple performers.

Alternate NamesPerformingPhysicianNameOperatorName
Comments

シリーズを実施した人がわからない場合は、その組織が記録される場合がある。患者または関係者は、患者自身で取得した画像の場合など、パフォーマーである可能性がある。

【JP Core仕様】検査を実施した(画像を取得する操作を行った)人。

  (0008,1050)Performing Physician's Name

  (0008,1052)Performing Physician Identification Sequence

  (0008,1070)Operators' Name

  (0008,1072)Operator Identification Sequence

44. ImagingStudy.series.performer.id
Definition

Unique id for the element within a resource (for internal references). This may be any string value that does not contain spaces.

Control0..1
Typestring
XML RepresentationIn the XML format, this property is represented as an attribute.
45. ImagingStudy.series.performer.extension
Definition

May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension.

Control0..*
TypeExtension
Alternate Namesextensionsuser content
Comments

There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: Must have either extensions or value[x], not both (: extension.exists() != value.exists())
46. ImagingStudy.series.performer.modifierExtension
Definition

May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element and that modifies the understanding of the element in which it is contained and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensionsuser contentmodifiers
Comments

There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: Must have either extensions or value[x], not both (: extension.exists() != value.exists())
47. ImagingStudy.series.performer.function
Definition

Distinguishes the type of involvement of the performer in the series.

Control0..1
BindingThe codes SHALL be taken from ImagingStudySeriesPerformerFunction; other codes may be used where these codes are not suitable The type of involvement of the performer
TypeCodeableConcept
Requirements

Allows disambiguation of the types of involvement of different performers.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
48. ImagingStudy.series.performer.actor
Definition

Indicates who or what performed the series.

Control1..1
TypeReference(JP_PractitionerJP_PractitionerRoleJP_OrganizationCareTeamJP_PatientDeviceRelatedPerson))
Must Supporttrue
Must Support TypesNo must-support rules about the choice of types/profiles
Comments

【JP Core仕様】組織または撮影者

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
49. ImagingStudy.series.instance
Definition

ひとつの画像、またはプレゼンテーションの状態など、シリーズ内の単一のSOPインスタンス。

Control0..*
TypeBackboneElement
Comments

インスタンス(画像)単位の情報

50. ImagingStudy.series.instance.id
Definition

Unique id for the element within a resource (for internal references). This may be any string value that does not contain spaces.

Control0..1
Typestring
XML RepresentationIn the XML format, this property is represented as an attribute.
51. ImagingStudy.series.instance.extension
Definition

May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension.

Control0..*
TypeExtension
Alternate Namesextensionsuser content
Comments

There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: Must have either extensions or value[x], not both (: extension.exists() != value.exists())
52. ImagingStudy.series.instance.modifierExtension
Definition

May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element and that modifies the understanding of the element in which it is contained and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensionsuser contentmodifiers
Comments

There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: Must have either extensions or value[x], not both (: extension.exists() != value.exists())
53. ImagingStudy.series.instance.uid
Definition

The DICOM SOP Instance UID for this image or other DICOM content.

Control1..1
Typeid
Must Supporttrue
Requirements

DICOM SOP Instance UID.

Alternate NamesSOPInstanceUID
Comments

DICOM PS3.3 C.12.1を参照。

【JP Core仕様】画像のユニークID。DICOMタグマッピングにある値をそのまま設定。

Example
General:2.16.124.113543.6003.189642796.63084.16748.2599092903
InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
54. ImagingStudy.series.instance.sopClass
Definition

DICOM instance type.

Control1..1
BindingThe codes SHALL be taken from http://dicom.nema.org/medical/dicom/current/output/chtml/part04/sect_B.5.html#table_B.5-1; other codes may be used where these codes are not suitable The sopClass for the instance
TypeCoding
Must Supporttrue
Alternate NamesSOPClassUID
Comments

【JP Core仕様】SOPクラスUID。DICOMタグマッピングにある値をそのまま設定。

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
55. ImagingStudy.series.instance.number
Definition

The number of instance in the series.

Control0..1
TypeunsignedInt
Alternate NamesInstanceNumber
Comments

32ビット数で表す。これより大きい値の場合は、10進数を使用する。

【JP Core仕様】ユーザ(または装置)が自由に決められる画像ごとの番号。DICOMタグマッピングにある値をそのまま設定。

Example
General:1
InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))
56. ImagingStudy.series.instance.title
Definition

インスタンスの記述

Control0..1
Typestring
Comments

【JP Core仕様】画像に対する説明。DICOMタグマッピングにある値があれば、そのまま設定

  (0008,0008)Image Type

  (0040,A043)Concept Name Code Sequence

  (0008,0104)Code Meaning

  (0042,0010)Document Title

InvariantsDefined on this element
ele-1: All FHIR elements must have a @value or children (: hasValue() or (children().count() > id.count()))