HL7 FHIR JP Core ImplementationGuide
1.1.0a - ci-build Japan flag

HL7 FHIR JP Core ImplementationGuide - Local Development build (v1.1.0a). See the Directory of published versions

検索

HL7®FHIR®規格では検索クエリに使用できるパラメータはSearchParameterリソースとして定義されており、検索クエリはSearchParameterリソースのname, valueを用いて

GET [base]/[type]?name=value&...

と表現される。

具体的には、

GET [base]/Patient?gender=male

という検索クエリにおける”gender”はPatientリソースにおけるgenderプロパティを指しているのではなく、Patientリソースに対応したid=individual-genderというSearchParameterリソースのname属性を示しており、このindividual-genderというSearchParameterリソースが検索対象としてPatient.genderを指定しているという構造になっている。

各SearchParameterにはtypeが定義されており、typeごとに検索条件や対象とするDatatype, 各Datatypeで検索するフィールドなどが定義されている。また、各typeには、検索時に使用できる:text, :notなどのmodifierを組み合わせて使用することもできる。

なお、サーバ側はクエリに一致するリソースを返すが、関連があると思われる追加の検索結果を返すことができる特権を有することに注意する。

本節では特に日本において問題となりうる機能に限って記載する。実装者は検索機能を実装するにあたり、SearchおよびSearchParameterについて十分に理解しておくよう勧められる。

文字列検索

FHIR®におけるテキストについての検索は大きく4種類に分けることができる。ここではType:modifierと表すことにし、条件がある場合は適宜カッコで補足する。

  1. case sensitiveな完全一致
    • string:exact
    • token (ただし2.の例外あり)
      FHIR R4において、「caseや発音区別符号を含めた完全一致」として定義されている。ただし、発音区別符号に伴う合成文字など正準等価な文字を正規化するか、単純にユニコードのコードポイントによって検索するかはサーバの実装に委ねられている。一方で、日本語において正準等価性に基づいた正規化を行うと、CJK統合漢字(例:福)とCJK互換漢字(例:福)が正規化されてしまい、:exactというパラメータの趣旨にそぐわないと考えられる。したがって、JP Coreにおいては、CJK統合漢字とCJK互換漢字を区別した完全一致を行うことが望ましい(MAY)と定める。ただし、異体字セレクタについてはコードポイントによる一致のみを検出するか、何らかの対応(例:SVSやIVSを含んだ福(U+798F U+FE00)や福(U+798F U+E0101)、福(U+798F U+E0103)で検索した場合に、福(U+FA1B)をヒットさせる、など)を行うかはサーバの実装に委ねることとする。
  2. case insensitiveな完全一致
  3. 通常のテキスト検索
  4. 高度な全文検索(full text search)
  5. _filterを用いた検索
    通常のsearch parameterについて、_filterパラメータを用いて検索することができる。ただし、Maturity Level:2 であることに注意する。String型のsearch parameterに対しては、
    • eq (equals: Character sequence is the same (case insensitive))
    • ne (not equals: Character sequence is not the same (case insensitive))
    • co (contains: Character sequence matches somewhere (case insensitive))
    • sw (starts with: Character sequence matches from first digit (left most, when L->R) (case insensitive))
    • ew (ends with: Character sequence matches up to last digit (right most, when L->R) (case insensitive))
    • gt / lt / ge / le (Based on Integer comparison of Unicode code points of starting character (trimmed) (case insensitive))

    といったオペレータが用意されており、eqを用いてcase insensitiveな全体一致をクエリできる。

人名の検索について

組織ごとに患者記録が作成、維持されており、複数の組織でケアを受けている患者は、その情報が複数のリソースに存在する可能性が高い。多くの場合は氏名による検索や、姓の変更があった場合でも下の名前+生年月日などの検索である程度候補を絞ることが可能である。一方で日本語表記を持たない外国人など、氏名を表す音をカタカナで表現した場合その方法は一意ではなく、複数システムとの連携を行う場合において、同一人物の突合が困難になる恐れがある。

将来的に組織・システムをまたいだMaster Patient Index(MPI)が整備されることがあれば、MPIに患者の同一性を問い合わせるクエリを用いることができる。